台湾的好日(高雄編) PART 1

台湾的好日 高雄編  PART1

2005.GW

PART 1


福岡に居ても地震が怖いので、せっかくのGWを遊び倒そうと
中国からパンダをもらうか?もらわないか?で揺れに揺れて大問題になっている台湾の、
南国情緒溢れる「高雄の旅」に行って来ました。
目的はB級グルメ!おいしくて高級なものは日本で食せばよいのです。食道楽台湾はB級グルメの宝庫!
安い・うまい・不衛生と揃ったお楽しみドキドキ・グルメ旅でございます。
大きな声では言えませんが「ハズレ」もありまして、食い物万歳な高雄でのひとときをご一緒に♪

Taiwan Airport

takao-gw1.jpg
まあ、綺麗なターミナルですこと!

2005年1月21日~オープン致しました中正国際空港の新ターミナルです。
到着ゲートから乗り換ゲートへと進みましたが、きれ~い☆
素晴らしく綺麗なターミナルに以前の面影なしです。
待合席のソファもゆったり座れる椅子で思わず寝ちゃいます(^^)
クラス・ラウンジも本当に使いやすくなりました。
香港の新空港、顔負けのラウンジ完備です。新しいって良いですね!

takao-gw2.jpg
で、ガラリと変って高雄国際空港に到着です。
福岡から高雄直行便の就航希望!(←無いし......)
マンダリンAIR 中正国際空港⇔高雄国際空港を結んでいます。
通常、台北~高雄への国内線は、台北市内の松山空港から利用します。

タラップを降りるとそこは南国~♪
気温33℃で、ピーカンですっ!誰だ!台湾は梅雨(雨季)だといったのは?自分だ!

高雄市内へ Kaohsiung

takao-gw3.jpg出租汽車/Taxi

空港の銀行で両替を済ませタクシーを利用してホテルへ向かいます。
今回宿泊のホテルまで約200元(800円弱)です。
台湾のタクシーは本当に格安です。言葉さえ我慢すれば200元くらいで30分ほど走れます。
市内の端から端までこのくらいのお値段です。
本当に便利♪台湾ではタクシーの乱用をオススメ致します。
高雄のタクシーは、台北のタクシーより穏やかな走りをします。
あまり乱暴な運転も見られませんでした、安心です。

takao-gw4.jpg
街路樹は南国チックに椰子だの蘇鉄だのパーム並木が本当に綺麗です。
緑が日本とは全く違いますね!トロピカルだわ~
九州に例えたら「ダイナミック宮崎」ってカンジ?
道路は台北に比べ、新しくて広いので本当に快適です。
空気も澄んでいます。そんな光景を楽しみながら、前方には高層ビル群が!

takao-gw5.jpg
ひときわ高~くそびえるホテル、グランド・ハン・ライ・ホテルです。
43階建てのホテルで見晴らしは最高でした!

というより、どこから見ても場所がわかる便利さ(笑)
方向オンチの方にはもってこいのホテルでございます。

takao-gw6.jpg
ということで、ホテル前には今回もお約束の7シリーズがっ!!!
撮れていませんがE66が、まだ3~4台ほどおります(^^;)
E65/66が多かった台北に比べ、こちらはE38を多く見かけました。
ただ、どれもiL(ロング)です。ロングが多いですね~!
高雄では5シリーズ(E39)が多かったです。カブリオレは1台も見ていません。
E46もかなり市内を走っています。
台北より綺麗に洗車されたBMWが多かったです。

高雄観光 


takao-gw7.jpg蓮池潭(リエンツータン)

高雄観光はコレでしょう(笑)
市街地から10㌔ほど離れた場所にある淡水湖ですが、周囲の湖畔にはいくつもの
寺廟が集まっていて極彩色の拝殿や塔が立ち並んでいます。
結構、笑える(失礼!)風景だったりします。だって、色彩が凄い!
圧倒されます。情緒があってなんとも中国系らしいです。

takao-gw8.jpg
観光ポスターでも有名な龍虎塔です。
このあんぐりと口を開けた龍から中に入っていき七重の塔に昇ります。
間違っても、虎からは入ってはいけません!
龍の口から虎の口に出ると、過去に犯したすべての罪が帳消しになるそうです。

takao-gw10.jpg
龍塔に昇っているのですが(階段6階)
塔の随所に見られる龍も向こうの虎塔のトラも........笑ってます.......^^;

思わず、つられて笑ってしまいますが
その余裕もココまで。日頃の運動不足が.....ハアハアゼイゼイ

それに、暑いし(34℃)

takao-gw12.jpg
湖水には、天女のような観音様?
閻魔大王のような像など、ハデハデなモノが建てられています。
なんだか、本当に笑ってしまいそうな像です。
漫画みたいで......いやいや、すみません!

takao-gw13.jpg
占い好きな台湾の人にあやかって自動おみくじを引きます。が.....  

takao-gw14.jpg
読めないっ!(泣)

takao-gw15.jpgtakao-gw16.jpgtakao-gw17.jpg
しかし、こんなデカイもんが湖にあったらビビリます。 派手だし...........

高雄臨港線 DODO列車DoDo Train

takao-gw18.jpg高雄駅2階にあるマクドナルドでハンバーガー?

takao-gw19.jpgでなく..... 列車の切符をゲット!

takao-gw20.jpg
貨物線を走る観光列車、DoDo列車に乗り込みます!
観光列車は2003年より定期化されひそかなブームを呼んでいるのですが
驚くのが、マクドナルドとのコラボ列車ということなのです。

なので、マックに行き切符を買いますが
ハンバーガーもしくはナゲット・チキンといった中から好きなものを選んで
ココで切符と注文した商品をもらい、普通に高雄駅の乗り場に向かいます。

そこで待っているのがこの列車!250元で飲み物軽食つきです♪所要時間90分!

takao-gw21.jpg
不安気に乗り込む旦那(^^)←言いだしっぺ
だって、全然日本語通じないし、日本人なんか居ません。
乗客は99%台湾人です。

台湾人に、なりきるしかない......

takao-gw22.jpg
内装はこのように海底をイメージしたデザインです。
これまた、なかなか快適でございます。
外が暑くて歩きたくないけど観光したいというわがままな観光客は
是非、これにトライしてください。
言葉は通じなくても何とかイケます。何とか!

takao-gw23.jpg
いよいよ出発です。
ナント!マックの店員が数名乗り込んで、いろんなサービスにあたります。これって凄いです。
マックの店員さんもここまでやるか!の働き者ですね。ご立派です。
揺れる車内で慌しく、軽食・ドリンクサービスの準備をしています。

takao-gw24.jpg
ハンバーガーにナゲットにポップコーンにアイスコーヒー
もうマクドナルド全開の車内で
これらを食べながら、景色を楽しむという凄い企画です。

takao-gw27.jpgtakao-gw26.jpgtakao-gw25.jpg
ちょうど市内を1周するようなカンジで、湾岸を抜けて走りながら
日頃は見ることが出来ない倉庫群や港湾設備のすぐ脇を走り
大型客船やコンテナなどが見れます。

途中新光駅でしばらく停車するので、記念撮影もできます。

旗津風景区 Sea Food

takao-gw28.jpg
せっかく海鮮料理のおいしいところに来たので
高雄の海鮮料理のメッカ旗津風景区に遊びに行きます。

ホテルからタクシーで(というか、100%移動はタクシーです)
鼓山に向かいそこからフェリーで10分という対岸の港町です。
こちらは異国情緒漂う旗津側です。

takao-gw29.jpgtakao-gw30.jpg
乗降客は「人」より「バイク」の方が多いです(笑)

takao-gw31.jpg
高雄で最も港町らしい風情を残しているのがココです。
船上から市街地の高層ビル群の景色をながめながらフェリーから降りると
なんとも懐かしい街並みにノスタルジックな雰囲気を感じさせてくれます。

良いカンジです!レトロ大好きジェニ家ではもう大変なお気に入り風景♪ウハウハです。

takao-gw32.jpg
ということで、早速風情溢れる港町観光をこちらのタクシーに乗って........

あら、どの車に向かっているんですか?こっちですよ、こっち!

takao-gw33.jpg
そうです!「輪タク」ですっ!
ここに来たからには、コレ乗って観光しなきゃ意味なしです。
早速、目茶苦茶ヒマそうにしているおじさんにお願いしましたが.......

みんな、ダレていてまったくヤル気無しです。お~い!!!客だぞーっ!

takao-gw34.jpgtakao-gw35.jpgtakao-gw36.jpg

↑ シリーズ『男の背中』 
20分ほど走ってくれました。(200元)言葉がさっぱりでしたが
日本人なので旧日本統治時代の建物などを指差してくれました。
どんな場所でも走る輪タクは最強です!

takao-gw37.jpg
旗津の海鮮街は非常に有名で遠くからわざわざコレを目的にやってきます。
只今、平日17時。そろそろ日暮れと同時に仕事帰りの人達が
どっとやってくる時間らしいですので、早速この食堂で晩餐です。

店前の水槽や並べられた魚を指差して「炒める」「蒸す」「湯(スープ)」「揚げる」の調理法を選びます。
簡単なオーダーですが、こっちは蒸して食べたくても
お店の方は揚げた方がイイ!などと、コチラのいう事を聞かないので(お互い譲らないともいう)
そのやりとりが大変!というか、なかなか楽しいです。
そしたら、「旅の指差し会話帳」(日本語版)が出てきて救われました。
満足のいく味にするには、中国語をよく勉強していく事をオススメ致します。

takao-gw38.jpgtakao-gw39.jpgtakao-gw40.jpgtakao-gw41.jpg

このように並んでいる魚は........

takao-gw42.jpgtakao-gw43.jpgtakao-gw44.jpgtakao-gw45.jpg

調理されて出てきます。これがまた結構なウマさです。醤油もあるし日本の方でもウケる味でビールもススム君です。

takao-gw46.jpg
コチラは別のお店ですが、どのお店も本当に安いです。
ひとり500元の予算で死ぬ程食べられます。

takao-gw47.jpg
食後はこのような、ゲームも楽しめます。

この日もヘンな日本人が、
ピンポン玉をワンバウンドさせ枠に入れて得点を出すデームに燃えておりました。
3カゴ100元、景品つきです。

takao-gw48.jpg
ヘンな日本人が景品ゲット!

台湾的好日 高雄編 PART 2 につづく