GW 四国旅行

GW 四国旅行

2004.5.3-5.4

瀬戸大橋を渡って四国へ行こう♪


人が多い時にはじっとしていればいいものを、すぐ回りの空気に流されがちなワタクシです。
毎年、GWは日本一の人出を誇る『どんたく』見物をして過ごすのですが今回のGWは、渋滞覚悟で四国は徳島に遊びに行ってきました!
結局、渋滞で見学をあきらめた鳴門のうず潮(TT)コレ見ないで何しに行ったんだろう?E31で行った四国旅行のご紹介です。

とにかく瀬戸大橋!(昭和63年4月開通)


福岡AM5:00出発!
今回、納車されたばかりの840Ci-Mインディビデュアルを走らせて見ようと
徳島へのドライブが決定しました。初めての徳島県です。
福岡IC→関門橋→広島県宮島SAで朝食をとり(ここのSAのレストランなかなかいいです)広島→福山→早島より山陽道に分かれて瀬戸中央自動車道へ

2.jpg
さっそく夢の本四連絡橋の本州側最初の橋、児島と櫃石島に架かる
『下津井瀬戸大橋』1447メートルを渡りま~す。
天候は曇りですが、まわりの海の景色が綺麗です。
車のシート位置がめちゃ低いので、外観が撮れませんっ、見えないっ!!
こちらの橋のほぼ中央で岡山・香川の県境となります。たしか.....(うろ覚え?)

3.jpg
つづいて『櫃石島橋』です。
櫃石島と岩黒島を結ぶ全長792メートルの斜張橋でございます。
当初、トラス橋の建設が計画されていましたが
瀬戸内海の景観などを考慮して斜張橋にされました。
ジェニ的には、ココの橋が一番綺麗だと思います。

4.jpg
斜張橋、もういっちょ行きます!こちらは岩黒島と羽佐島を結ぶ『岩黒橋』です。
先程の、櫃石島橋を双子ですね^^ 形式・寸法は同じです。
横から見ると主塔から張られたケーブルで白鳥が羽を広げたような姿に見えます。
道路・鉄道経併用の斜張橋としては、おそらく世界最大規模のものでしょう!
........と、バスガイド時代のワタクシが申しておりました。

5.jpg
つづいて『与島橋』でございます。
ご覧のように、非常にシンプルな橋でして瀬戸大橋唯一のトラス橋です。
道路はきれ~ぃなカーブを描いています。
カーブ地点にかかる橋ですので構造はかなり複雑なのです。
こちらからなだらかにスローブを下っていきますと絶景の休憩場所、与島SAがありますので、もちろんこちらで休憩。

与島SA~またまた瀬戸大橋!

6.jpg
与島から北・南備賛瀬戸大橋を望みます。すばらしい景色ですね。橋の向こうは四国ですよ!
香川県坂出の工業地帯が見えています。以前は船でしか渡れなかった四国が!香川県がっ!!
こうして陸続きに見て感動しているのは私だけ?宇高連絡船って、よく霧で欠航したよなぁ(遠目)

昭和30年5月11日宇高連絡船同士が濃霧のために衝突して「紫雲丸」が沈没し修学旅行生を含む168人が死亡するという惨事があり、これも要因で橋をかけることになったそうです。

7.jpg 一応撮りました!E31です。

ラスト瀬戸大橋(しつこいですが)

橋ばっかり渡ったので、橋の画像しかないのですが......
又行きますっ、橋っ!!!
8.jpg
瀬戸大橋のメインでもあるとっておきのこの橋は
『北備賛瀬戸大橋』1611メートルのつり橋です。
道路・鉄道併用橋としては世界レベルの規模を誇ります。

9.jpg
最後、香川県坂出側にかかるのが『南備賛瀬戸大橋』1723メートルです。
瀬戸大橋最大のつり橋です。
この近辺が瀬戸内海の主要航路となっています。ここで瀬戸大橋は終わりです。

如何でした?渡られた気分になれましたか?

では、通行料4100円!徴収いたします。........通行料も世界一かもぉ~(涙)

ようこそ!讃岐うどんの本場、香川県へ

香川県といえば???
うどん!オリーブ!こんぴらさん!屋島たぬき!栗林公園!


......すみません^^; これしか浮かびません。
10.jpg
とりあえず坂出周辺から写した画像の山は「讃岐富士」の名を持つ飯野山です。今回は、香川県通過いたします。今度うどん食べに来まーす。

徳島県鳴門市「びんび家」

11.jpg
昼食場所に選んだのが『びんび家』このお店とても有名なのですね。知らなかったです。
岡山のB3乗りのkyonさんから教えていただきました。ありがとうございますっ!
到着したのはAM10:45でしたが、すでに駐車場はほぼ満車
大勢のお客さんでごったがえしていました!すごかったです。帰りには長蛇の列がっ!

12.jpg天然桜鯛(時価)

13.jpg
天然伊勢エビ(時価)

伊勢海老のお味噌汁もかなりダイナミック で美味しかったです。ちょっと欲張り過ぎました。

14.jpg
今回の主役の撮影。びんび家近くの海岸です。
海の向こうに見える島が淡路島です。

16.jpg
ルネサンスリゾート鳴門ホテルです。泊まりたい~ぃ!
鳴門公園で「うず潮鑑賞」の予定でしたが、公園駐車場が大渋滞の為に急遽Uターンして徳島市内に向かいました。

徳島市阿波踊り会館


17.jpg20時から始まる阿波踊りを見学に、一路『阿波踊り会館』へ

18.jpg蝋人形が沢山ありますが、こちら本物(人間です)

19.jpg20.jpg


阿波踊り会館は名カメラマンsinjirouさんから「ココで阿波踊りに飛び入り参加」と教えていただいた場所で、けっこう楽しみだったりします。
客席は満員。ステージから客席からいきなりハイテンションで踊りが始まります。リズムがいいですね!早くも観客、踊り始めています。
「阿波踊り講習」もありました^^男性は力強くいなせに。女性はしなやかに。1,2,1,2のリズムで足と手を同時に出すのがポイントだそうです。

阿波踊りは400年の歴史がある全国的人気のお盆の踊りです。
「連」というグループに分かれていて、それぞれが地域や職場、同好会などで連を作っています。熟練した技量をもつ「有名連」の踊りが続きます。

最後は、阿波踊りコンテストです。もう参加者多数でみなさん、ノリノリでした。
え~らいやっちゃ、え~らいやっちゃ  ヨイヨイヨイヨイ♪


徳島ラーメン

そう、徳島といえばラーメン
九州○児さんのHPのオフレポのパクリのようで申し訳ないのですが徳島ラーメン、私は初めて聞きましたが地元ではかなりイケているそうです。
21.jpg
見た感じはとんこつですが、あっさりとしたダシで食べやすいです。
中華そばなどとも言うそうです。徳島駅近くの「可成家」でいただきました。

徳島→愛媛県


翌日、どうも雲行きがあやしいので速攻で帰ろうと徳島を早々に出発!
ひたすら徳島道(高速)を愛媛県に向かいました。こちらの川之江JCで松山道と高知道に分かれます。
22.jpg

23.jpg
伊予鉄バス

豪雨のしまなみ街道

24.jpg
またまたしばらく橋の画像が続きますが本四連絡橋のひとつ
愛媛県今治市~広島県尾道市につづくルート『しまなみ街道』を通りながら本州に向かいます。(ようは帰るということです)

瀬戸内しまなみ街道は、広島県尾道市と愛媛県今治市を大小10本の橋がつなぐ、
3番目の本四連絡橋として平成11年5月全橋が開通しました。
本州四国連絡道路の中で唯一、歩いたり自転車でわたることができる海の道です。
このあたり、雨が凄くて景観はイマイチだったのですがとりあえず走りながら撮りました。

25.jpg
まずは、最初『来島海峡大橋』ですが第一・第二・第三大橋とあります。
世界初の三連吊橋ですので、九州の方は関門橋が3個並んでいると思ってください。
今治側の高台展望台から眺めるとイイみたいでした。雨でそれどころじゃなかったのが残念です。

26.jpg
こちらは斜張橋です。
多々羅大橋でしょうか?だとしたら世界一の斜張橋だそうです。
正面からの撮影なので形がイマイチなのですが綺麗です。

27.jpg
ブルーのアイスは名物しまなみアイスです。(半分食べてしまっています)
少し塩っぱいカンジがしたのは私だけでしょうか?ここには『塩』で有名な伯方島があります。
お土産にも「塩饅頭」「塩もち」。すこし表面に塩気をつけたものが沢山ありました。

28.jpg
下二段構造の端正な吊橋『因島大橋』を渡ります。1270メートル
布刈(めかり)瀬戸にかかり、向島と因島をつなぐ、端正な美しさを持つ橋です。
上下二段構造になっており、上部は自動車専用道、下部は自転車歩行者道が走っています。
この橋は本四連絡橋のなかで一番最初に出来た橋です。
画像でどれがどの橋なのかさっぱりわからなくなりましたので橋の画像はこの辺で強制終了します。

『来島海峡第三大橋』『来島海峡第二大橋』『来島海峡第一大橋』『伯方大橋』
『大島大橋』『大三島橋』『多々羅大橋』『生口橋』『因島大橋』『尾道大橋』の
10の橋を渡ってきました。以前は船渡しでそれぞれの島に行ったものです。
いまでも「橋より安い200円!!!」といううたい文句に、フェリーが運航しています。

ラーメンの為のお立ち寄りで尾道!

29.jpg
文学と坂の町『尾道』に来ました!
ごらんのようにせまーい道が主要道路だったりします。びっくり!まさに九州・長崎をミニチュア化した街ですね。
尾道も10数年ぶりに来ましたが、なんと!観光客の多い事!!おどろきました。以前は通過点にしかすぎなかった印象でしたが、一歩路地にはいれば、地図を片手に散策している観光客だらけです。何がそんなにこの小さな町を魅了してやまないのでしょう?

私的見方ですが..........ラーメンですね。きっと!(冗談)

そう、尾道いえば達人すら絶賛している尾道ラーメン
はじめは尾道ラーメンの老舗中の老舗「朱華園」というお店に向かったのですが
年末ジャンボを買う天神の宝くじ売り場の列に負けないくらいの長蛇の列
どう並んでも3時間待ちは固いと判断して妥協で尾道駅近くのココ

30.jpg『いのうえ』さんに向かいました。それでも30分くらい待ちました。
とにかく尾道ラーメンの人気は凄いです!博多ラーメンどころのさわぎじゃないです。
ちかくに別のラーメン屋さんがありますが、おいしくなさそうな(ごめんなさい)お店でも、有名店から溢れた客で大繁盛なのです。
ちなみに尾道市内で他の飲食店を見ると、ラーメン店以外はガラガラです。

31.jpg
そしてお味の方は、バリうま
最上級・「鶏ガラ」と「豚のげんこつ」に、瀬戸内で捕れた厳選小魚のダシを効かせ、豚の背脂で「コク」を出した、極上スープです。
この豚の背脂がサイコーです。天かすのようにプカプカ浮いています。
これが入っているのを食べたら、博多ラーメンでは満足できませんね。

32.jpg
こちらは尾道駅前の風景ですが、後ろの山が137メートルの千光寺山です。
山頂から中腹にかけて「千光寺山公園」があります。春は桜の名所日本100選のも選ばれる桜で有名です。
有名な文人たちの歌碑もここにあります。林芙美子・志賀直哉などはほんの一部です。寺の町・映画の町としても有名です。
いつもは通過点にしかすぎなかった尾道ですが、もう一度行きたい所です。
ラーメンといい、町並みといい、景色といい最高でした♪オススメの場所でございます。

食べるものも満足したジェニ家一行は午後よりひたすら福岡へ向かったのでした。ラーメン紀行状態でしたが、鳴門以外の渋滞はなく、スムーズなGWが過ごせました。
情報をご提供くださいました皆様には心より感謝いたします。


忘れていましたっ!!8シリーズですが長時間のドライブにも快適に対応してくれました。まったくもって疲れ知らずです。

が、設計が8年前なので初代E38と同じ感覚です。燃費はあまりよくありません。
車重のせいでしょうか、ブレーキが弱いですねえ。


GW 四国旅行 おわり