韓国 釜山のお正月

韓国 釜山のお正月

2003.12.30-2004.1.2

年末・年始を釜山で迎える


またまたまた、やって来ました近場の海外、釜山!
そろそろハワイとかオーストラリアとかお洒落なところでお正月を迎えたいのが本音ですが、今回も釜山になりました。
それに、イザという緊急時には早く帰ってこれるように。
........ええ?緊急時って、去年のお正月は大雪で、釜山から予定の2日遅れでしか帰ってこれなかったじゃん!!という、突っ込みは禁止なのです。

2003.12.30  博多国際旅客ターミナルより出発

beetle11.jpg14:15発のJRビートルですが、航空機の出発2時間前からチェックインと違い、出発45分前にチェックインすればOKの超お気軽海外旅行なのです。

ちなみにジェニ家より車でターミナルまで10分
という事は、玄関から出発して1時間後には国際旅客船に乗り込むということになります。このお手軽さが博多発ビートルの人気の秘訣かもです。

bittle-in1-2.jpg
船室はこんな感じなのです。飛行機のように座席があります。
海が荒れている時はかなり揺れます。
この日は穏やかで(初めて穏やかでした)ビールなどは免税価格150円で
アサヒスーパードライ350mlが買えます。

夕食

k-11.jpg
釜山着が17:10でしたので、釜山港でおなじみの専属運転士ジャンさんに
迎えてもらい、ホテルCHECK-IN後、早速晩餐会へ !

食べましたのは、こちら。パジョンという韓国風お好み焼きです。
東菜(トンネ)ハルメパジョンという4代70年間にわたって味を守っている伝統料理店なのです。たくさんの現地の方で大賑わいでした。
冬ネギがたくさんはいったパジョンは、是非!旬の冬にお召し上がり下さい。海鮮の街釜山らしく、牡蠣もたくさん入っていました。
ボリューム満点なので3人でこれだけ食べたら充分です。(2万W)
他に、どじょう汁(山椒風味)なども食べましたが..........
やっぱり、パジョンと韓風サラダやたくさんのつけあわせ(おかわり自由)がおいしかったです。マシッソヨ!

2003.12.31 朝食

k-81.jpg
ロッテホテルの近くには、屋台や食べ物のお店が多いのですが
なかでもオススメがこちら!韓国うどんです。

ロッテホテル宿泊の際、朝食は「うどん」と決めておりまして、豚のダシでとった見かけとは全然違うさっぱりとしたスープです。
本当に味がないくらいに仕上げていますので味付けは個人のお好みで「塩」をいれたり、つけあわせのアミツゲ(小エビ?)や塩辛・サラダ(ピリ辛)をうどんに入れて食べます。おいしいですよ。

今回は「豚しゃぶ」つきで、ひとり前600円です、最高!
2人でこれだけ食べてビール(大瓶300円)飲んで2000円でおつりきます。
日本語メニューも無いし、日本語は通じません。指差しで行きましょう。

大好き国際市場

k-131.jpg
釜山に来たらココでしょう、国際市場。歩いて見てまわるだけでも面白いです。パクリもの天国ですね。

眼鏡を作りましたが、いろいろイイ物を薦められて結局、日本と変らないお値段の眼鏡が出来ました。何やってんだか...........

BMW結構走っています。

k-141.jpg
こちらは通りすがりのE46 318i です。女性ドライバーさんでした。

そういえば昨日からE65を何台見たことでしょう!
E38は全然見ていません。しかも女性の運転するE65を2台も発見!
うらやましい。

おやつが最高

k-122.jpg
露天もたくさんありますが、このおばちゃんのおやつはヒットです!
ホットケーキみたいにマーガリンでもち米を延ばした生地を焼いているのですが、中身に黒砂糖の蜜があんこのように入っていてとにかくおいしいんです。
辛いものが多い韓国ですが、こういうおやつの甘さに癒されています。
次回リピート間違いなしの「ホットク」(韓国語)でした。

韓国のお雑煮

k-151.jpg
なんと、運転士のジャンさん邸で用意していただいた韓国のお雑煮。
お味は、いりこだしで牛肉が入っていました(謎)
お餅が日本のものと全然違いますので、雑煮とは言いがたいのですが。
具にはワンタンも入っていました。韓・中混合雑煮でしたね。

お手製のチジミが美味しい!たくさん焼いてくださってありがとうございました。
というか、いつもあつかましくもお宅にお邪魔いたします。しあわせの家庭料理だわ♪

釜山で今年最後の日の入り

nitibotu31.jpg
さようなら。2003 良い年だったぞぉ!

最後の日が沈む光景です。日本では新年の「日の出」を拝みに行きますが韓国では大晦日の「日の入り」も拝みに行きます。
ここは釜山郊外の新興住宅地にある『夕日の沈む展望台』です(勝手に名付けた)周辺は人と車でごった返しています。ジャンさんご夫妻と一緒に眺めておりました。
日本に居たら、今頃の時間は雑煮のだし取りに追われていたはず.......ふふふ
と、景色とは裏腹にムードのない事を考えて喜んでいました。

地元で有名な大晦日の祭典

1.jpg
詳しい場所はサッパリですが、海岸沿いでは大晦日のイベントが行われます。
見るからに市長さんや釜山市の重臣のみなさま、お決まりのミス・釜山をはじめ地域事業関係者他多数のご挨拶や、歌手のミニミニコンサート、歌に踊りに大盛り上がりの会場でした。
そして、最後夕暮れ時にたいまつでピラミッド型のわらで作ったものに火がつけられると、あたり一面からは拍手と歓喜の声です。花火がうちあげられおまつりは絶好調を迎えます。

釜山市民のパワー.......凄いです!完全に圧倒されておりました。
寒さを吹き飛ばす年忘れメイン・イベントのようですね^^TVでも中継されていました。

年忘れ晩餐会

ジャンさんいわく「焼肉が食べたいならあっさりしておいしい肉料理がありますっ!「カモ」ですけど好きですかぁ~?」
本当はカモよりカルビの気持ちでしたが郊外に、鳥を取ってすぐさばいてくれるお店があるというので、ドライブがてらそちらに向かいました。
ジャン邸から1時間くらい離れたところでしたが静かな河川敷きにある料理屋さんでしたが、お店は完璧「焼肉屋」です。

しかし......カモ?

CIMG00441.jpg
カモは飛んでいるはずなのに、どこを飛んでいるのでしょう?
ちょっと見えにくいのでなんですが、コレが食前の姿でございます。
これって「ガチョウ」ではありませんか?

CIMG00481.jpg
中央のパイプのような吸い込み口は煙を吸う換気扇です。

k-161.jpg
チゲ鍋ですが、辛いのなんのって。
焼肉おいしかったです♪あっさりで鶏より美味でした。
お店の名前が不明なのですが、ビール・焼酎をたらふく飲んでも、ひとり予算が2000円ほどという、破格のお店です。本当に美味しい!

お正月

元旦の朝食くらいは「うどん」を止めて、ロッテホテルの和食店で定食を食べました。味はまあまあ....
久しぶりの和定食でしたが、街でうどんを食べなれているせいでしょうか?
お値段が物凄く高く感じられます(麻痺?)ホテルの朝食代でうどんがひとりで10人分食べられます。
それからティーラウンジの紅茶1200円というのも納得がいかないです。日本のホテルでもそんなにはしないでしょう!
k-171.jpg
気を取り戻して、本日はショート・ドライブです。早速ジャンさんと
一路海雲台を目指します。1年前に開通した海雲台方面への大橋を通過中です。

k-191.jpg
物売りおじさんハケーン!
韓国では旧正月がメインですので元旦1日だけが休日となります。
ただ、年の1番初めの日なので家族総出で食事に出かけたり、お寺におまいりに行ったりと沢山の人出で賑わいます。
もちろん、郊外の道路は大渋滞です。
日本と一緒ですね。渋滞で車が止まっているとなにやらおじさんがこの姿で近づいてきます。何だろう?お菓子の販売でした(^^;

k-181.jpg
ジャンさんが買ってくれました。なんだかなつかしい味がします。
餅菓子ですねぇ。これが日本円で100円です。
渋滞して車が進まないので、おじさん相手に話し込む人もチラホラ......なんとなく懐かしさを感じる光景でした。それにしても、釜山のみなさんって人なつっこいです!
綺麗なおねーちゃんが売りに来たら全部買ってあげるのに!!おっちゃんではNG!(旦那談)

k-211.jpg東海龍宮寺(トンヘヨングンサ)


東海岸にしがみつくような厳しい岩場にそびえる1376年に建立の名刹東海竜宮寺に来ました。
儒教を国教とし、朝鮮時代の廃仏毀釈の嵐のなか、お寺は山へと追いやられたせいで、韓国では山寺が多いのにもかかわらず、高麗末と創建の早かった東海龍宮寺はめずらしく海辺にあるお寺として観光価値も高いお寺です。.....と、ガイドブックに書いてありました。

k-301.jpg漁港の町を通過中


とりあえず観光はそこそこで(何しに来たんだか)別ルートで釜山市にUターンいたしますが、近くが海ということもあって漁港らしい風景に佐賀県の呼子を彷彿させられました。

k-311.jpgここの海産物にもイカがありましたが.......

medama1.jpgイカ.....デカ過ぎです(@@)

k-201.jpgえちごや......失礼!いちご屋

元旦の夜は河豚

k-361.jpg
海の幸に恵まれている釜山ですが、そうなれば時節柄「ふぐ」はどうか?
ということになり、釜山市内のふぐ専門店に行きました。
大統領も立ち寄られるほどの有名店だそうでなるほど、店内は大繁盛でした。

k-381.jpg
画像にメインのふぐ鍋が映っていませんが、その他にもれなくついてくるお料理です。鍋でも焼き肉のようにイロイロついてきます。
「ふぐちり」を注文しましたが、日本のふぐちりとは違い、チゲ鍋がふぐに変わったような感じでした。これはこれで、韓国と思えばGoo! なのですが日本人はやっぱりポン酢でいただかないと。
お値段は日本で食べるより3分の1ほどのお値段で、安上がりでした。

1月2日 帰国

k-461.jpgそして.......昨年、釜山からの帰国が悪天候でビートル欠航(帰りの便が満席で2泊も釜山に延泊)という惨事を二度と起すまいと今回は余裕の空便帰国です。

飛行時間50分に対して待ち時間が長すぎます。
待ち時間を考えたらビートルを利用したほうが断然ラクです。
片道切符を購入して現地で帰りの切符を買うとお得でございます。裏ワザ


釜山は、週末にちょっと焼肉食べに行こう感覚で遊びにいく分には大変楽しいところです。1泊2日くらいで充分遊べます。

普通の観光では行けないところに連れて行っていただいたのでヨカッタです♪
ジャン奥様!お土産の自家製キムチをありがとうございました。
手荷物で乗った飛行機の中ににおいが充満しまして........おいしかったです。

私、今回の旅行の前に「牡蠣」で食中毒を起したのですが.......牡蠣は当分食べたくないの(涙)
とジャンさんにお伝えしたつもりでしたが、伝わっていなかったようで......
キムチの中に、「これでもか~~~~~っ!!!」というくらいの生牡蠣が一緒に漬かっていました(号泣)

韓国 釜山のお正月 おわり